[会社URL:http://kojindo.jp/

Daily Daily OTOKU

古本マージナル - 社会的に抑圧されている人々とともに歩む古本屋


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

古書店として武蔵野市で評価されている事業所では、精神障害者就労支援という力も借りた経営をウリにしています。古本買取において、市場価格は1冊の平均が約20円ともいわれていますが、コチラでの平均買取価格は1冊120円という納得できる売買が実現可能です。事前準備も不要で、誰でも、どこからでも簡単に古本買取サービスを活用できます。対象とするジャンルも幅広く、専門書や美術書、洋書・和書、単行本や雑誌などの買取相談が可能になります。お客さんに還元するためにも、買取できないジャンルを予め設定しているのも特徴です。例えば、10年以上前の辞典(百科事典を含む)、汚れや破れがヒドく読むことができない本に関して対象から外しています。それ以外であれば、1冊1冊丁寧に査定してくれます。ちなみに、武蔵野市の店舗のみならず、宅配買取サービスも利用可能です。メールで無料査定ができるのも特徴で、その後、査定額を通知、納得してからダンボールに梱包するだけです。ダンボールも問い合わせるだけで送ってくれます。買取額が3000円以上の場合には送料無料になるため、まとめて売りに出す消費者も少なくないようです。無料査定では、タイトルや著者名、出版年などの項目についてチェックを入れるだけですから、手間いらずが消費者から評価されています。また、武蔵野市以外でも、関東近郊で一定量の場合には、出張費無料での買取サービスも展開してくれています。コチラでは、うつ病患者のための運動療法となるリカバリー施設を開設したり、演劇、ヨガなどのワークショップ、定期的な古書即売会などのイベントスペースを持ったカフェの運営も視野に入れているようですから、芸術・趣味関連の雑誌や書籍、精神医学の本などがあれば、一度査定してもらうのも有りではないでしょうか。もちろん、対象となるか、査定してもらえるか否か、疑問や質問などにも迅速、丁寧に応えてくれますから、納得や満足度も高いようです。
Tagged on: ,古本マージナル